隠し部分です。 マルヨシ近江茶
近江茶のことなら何でもお任せください!近江土山より真心込めて商品をお届けいたします。
近江茶のことなら滋賀のマルヨシ近江茶



・ごあいさつ


 近江・土山の豊な自然に恵まれ、永い歴史に育まれた滋賀「近江土山茶」。
 近年では、お茶の有効な成分や効能など、研究成果が発表され、緑茶に様々な期待が寄せら
 れています。
 初代、吉永米吉が創業時より掲げる「七転茶起」の精神をいまも変わらぬ思いで、香り高く
 味わい深い近江土山茶を皆様に美味しく飲んで頂き、また、喜んで頂けるように努力して
 まいります。
 





・近江土山茶


〜坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る〜


 鈴鹿馬小唄で広く知られる滋賀県甲賀市土山町のお茶は、鈴鹿山脈の豊かな自然、美しい
 水と空気、輝く太陽をいっぱいに受け、味と香りに特徴を持つ銘茶「近江土山茶」として、
 多くの方に親しまれています。
 古くから東海道を行き交う旅人に愛されて産地を伸ばし、現在、栽培面積、生産額とも県下一
 を誇り、近江茶の主要生産地としての地位を築いております。
 特に、国道一号線沿いに広がる茶園や頓宮集団茶園は、緑溢れ、茶の香り漂う風景として、
 現在も行き交う人々の目を楽しませてくれます。

・概 要

社 名株式会社マルヨシ近江茶
創 業明治35年(1902年)株式会社近江茶として創業
資本金3,800万円
従業員18名
役 員代表取締役 吉永 健治
所在地〒528-0235 滋賀県甲賀市土山町大野2723
電 話0748-67-0325(代)
FAX0748-67-0327
フリーダイヤル0120-67-0325
E-mailmaruyoshi@oumicha.jp
取引銀行滋賀銀行 水口支店,ゆうちょ銀行
事業内容茶卸、小売業
販売先主に近畿、東海方面
設 備 低温冷蔵庫、煎茶仕上げ加工ライン、柳仕上げ加工ライン、
焙じ焙煎加工機、粉茶専用再火、焙じ焙煎加工ライン、
自動小袋詰め機、ティーパッグ自動包装機

・沿 革(社歴)

明治35年(1902)
吉永米吉により、茶の製造販売を開始
昭和27年(1952)
株式会社近江茶として法人化(旧国道1号線東海道)
昭和50年(1975)
低温冷蔵庫を建設(国道一号線沿、現在社屋地)
昭和60年(1985)
柳(番茶)仕上加工ライン及び、ほうじ焙煎加工ライン工場建設
平成 3年(1991)
煎茶仕上げ加工ライン工場建設
平成 6年(1994)
小売店舗、作業所、審査室、事務所、移設(現在社屋)
平成 7年(1995)
株式会社マルヨシ近江茶に社名変更
平成10年(1998)
粉茶再火、焙じ焙煎専用工場(移動式低温冷蔵庫)建設
平成16年(2004)
ISO 9001 認証取得

・資格等

日本茶インストラクター
2名
全国茶審査技術競技大会
取得段位 8段位 1名、6段位 2名、4段位 1名、2段位 1名、
初段位 1名
会社案内
ごあいさつ
近江土山茶
概要
沿革
商品のご案内
煎茶
玉露
かぶせ茶
かりがね
柳茶
ほうじ茶
玄米茶
抹茶
ティーバッグ
インスタント
紅茶・その他
贈答用茶
近江茶まめ知識
近江茶の歴史
マルヨシのこだわり〜お茶ができるまで
美味しいお茶の入れ方
知っ得!お茶の効能!
美味しいお茶を飲もう!